全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

愛知県では、231件の消費者金融さんを調査

愛知県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

愛知県の消費者金融

  • 北名古屋市(0)
  • 弥富市(0)
  • みよし市(0)
  • あま市(1)
  • 愛知郡東郷町(0)
  • 愛知郡長久手町(0)
  • 西春日井郡豊山町(0)
  • 丹羽郡大口町(0)
  • 丹羽郡扶桑町(0)
  • 知多郡美浜町(0)
  • 知多郡武豊町(0)
  • 幡豆郡一色町(0)
  • 幡豆郡吉良町(0)
  • 幡豆郡幡豆町(0)
  • 額田郡幸田町(0)
  • 北設楽郡設楽町(0)
  • 北設楽郡東栄町(0)
  • 北設楽郡豊根村(0)

おすすめ書籍

[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法
[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法
名古屋消費者信用問題研究会 ダイヤモンド社
価格:¥ 1,260
【著者コメントより)】
◎お金を一度でも借りたことのあるあなたへもしも、あなたがこれまでに、武富士やアコム、アイフル、プロミス、三洋信販といった消費者金融(サラ金のことです)でお金を借りたことがあったり、UFJニコス、イオン、オリエントコーポレーション、オリックスクレジット、クオーク、クレディセゾン、セントラルファイナンス、ライフ、OMC、丸井といったクレジットカードのキャッシングを利用したことがあったら......、ぜひ、ぜひ、この本を読んでみてください。必ず、あなたの借金は減らせます。そして、消費者金融やクレジットカードとのつきあいが長い人ほど、支払いすぎたお金が戻ってくることもあるんです。
過払い金を取り戻せ!!~キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術 実録ドキュメント付き~ (SHUEISHA PB SERIES)
過払い金を取り戻せ!!~キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術 実録ドキュメント付き~ (SHUEISHA PB SERIES)
明石 昇二郎 集英社
価格:¥ 1,000
【内容紹介より)】
返しすぎた借金の取り戻し方、教えます!グレーゾーン金利撤廃で、カード会社や消費者金融に返済し過ぎた金を取り戻せることに。それを知った著者自らがこの「貧者の埋蔵金」=「過払い金」600万円を取り返した実録ドキュメント!
クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
岩田 昭男 実業之日本社
価格:¥ 1,365
【著者略歴より)】
岩田 昭男 消費生活評論家。カード評論の第一人者として知られる。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院修士課程修了。月刊誌記者などを経て独立。金融分野を中心に消費者の立場に立った視点でのわかりやすい解説には定評がある。とくに、クレジットカードと消費者金融については18年来、取材を続けている主要テーマであり、この分野を中心に講演やセミナー等の講師も数多く務める。先の米国カード情報流出事件の際には、NHK「ニュース10」「暮らしと経済」、フジテレビ「とくダネ!」などで事件の背景を解説。このほかコメンテーターとして、テレビ東京「オープニング・ベル」などに出演している。また近年は、オールアバウトジャパン「クレジットカード・サイト」のガイドを務めるほか、カード愛好家集団「プラスチックカンパニー」を主宰するなどネット上でも活躍中。2003年2月にNPO法人「ICカードとカード教育を考える会(略称JICC)」を設立し、住民基本台帳ICカードや個人情報保護問題にも精力的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
平木 恭一 秀和システム
価格:¥ 1,365
【内容(「BOOK」より)】
本書では、クレジットカード、信販、消費者金融の3業態をクレジット/ローン業界としてひと括りにして取り上げ、業界関係者のナマの声も盛り込みながら、それぞれが抱える課題と将来動向について詳説しました。