全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

福井県では、56件の消費者金融さんを調査

福井県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

福井県の消費者金融

  • 吉田郡永平寺町(0)
  • 今立郡池田町(0)
  • 南条郡南越前町(0)
  • 丹生郡越前町(0)
  • 三方郡美浜町(0)
  • 大飯郡高浜町(0)
  • 大飯郡おおい町(0)
  • 三方上中郡若狭町(0)

おすすめ書籍

クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
岩田 昭男 実業之日本社
価格:¥ 1,365
【著者略歴より)】
岩田 昭男 消費生活評論家。カード評論の第一人者として知られる。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院修士課程修了。月刊誌記者などを経て独立。金融分野を中心に消費者の立場に立った視点でのわかりやすい解説には定評がある。とくに、クレジットカードと消費者金融については18年来、取材を続けている主要テーマであり、この分野を中心に講演やセミナー等の講師も数多く務める。先の米国カード情報流出事件の際には、NHK「ニュース10」「暮らしと経済」、フジテレビ「とくダネ!」などで事件の背景を解説。このほかコメンテーターとして、テレビ東京「オープニング・ベル」などに出演している。また近年は、オールアバウトジャパン「クレジットカード・サイト」のガイドを務めるほか、カード愛好家集団「プラスチックカンパニー」を主宰するなどネット上でも活躍中。2003年2月にNPO法人「ICカードとカード教育を考える会(略称JICC)」を設立し、住民基本台帳ICカードや個人情報保護問題にも精力的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
さよならローン地獄!―いまお金の悩みから解き放たれる
さよならローン地獄!―いまお金の悩みから解き放たれる
澤田 有紀 主婦の友社
価格:¥ 998
【内容紹介より)】
一度でも消費者金融やキャッシングを利用したことがあれば、実は返済し過ぎているのかも! いま日本人の20人に一人が該当すると言われている「過払い金の全てがわかる本!―――「ちょっとお金が足りないから」と消費者金融、クレジットカードのキャッシングを利用したことはありませんか? いま日本人の実に20人に一人が該当すると言われている「過払い金」問題。本当は返さなくてもいい高い利息を貸金業者に言われるままに返して損をしている人がたくさんいるのです。本書では、ローンに悩む老若男女40人の借金人生とその解決方法をご紹介しています。借金人生に足を踏み入れたきっかけは人それぞれ。リストラされた、保証人になった、悪徳商法にひっかかった、男に貢いだ、兄弟の借金を肩代わりした、ボーナス払いの住宅ローンが返せなくなった、病気になった、離婚後の養育費が必要になった、という誰にでも起こりそうなことばかり。そんな身近でありながら解決方法が知られていない問題に、主婦でもある弁護士の澤田先生が斬り込みます! 先生からのメッセージは「借金で死なないで!」一度でも貸金業者からお金を借りたことのある人にはお金が戻る可能性があるので必読です!
消費者信用の経済学
消費者信用の経済学
東洋経済新報社
価格:¥ 5,040
【内容(「MARC」より)】
企業や生産者ではなく家計に焦点を当て、過重債務、個人破産、カウンセリング、信用情報機関など、消費者金融の政策論議に必要不可欠なテーマを実証的・理論的に提示。4年にわたるEU議長による研究活動の集大成。
ルポ 生活再建
ルポ 生活再建
横幕 智裕 東洋経済新報社
価格:¥ 1,680
【内容紹介より)】
50万円を金利18%で借りたとき、毎月5000円ずつ返金して、何年で完済できるか、わかりますか? 日本全国で消費者金融の利用者は約1400万人にも上るという。日本国民の8.5人に1人は、消費者金融からお金を借りていることになる。 また、その利用者の中で、5件以上の債務を抱える人は、約125万人。5件以上の債務を抱えるということは、多重債務者と推測できる。複数の金融会社から借金をして、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける多重債務者が125万人もいるのだ。 これほど日本には借金を抱えている人たちがいる。もしかしたら、あなたの家族や大切な友人が、誰にも言えず、借金に苦しんでいるのかもしれない。 そしてもう1つ、際立った数字がある。この10年間、毎年3万人以上が自殺しているのだ。原因を見てみると、「経済・生活問題」は約3割にも上る。原因を特定できない人も多いので、この割合はもう少し増える可能性が高い。 豊かだと思われている日本で、生活苦や経済的理由から多くの人が自ら命を絶つ現実。普通に仕事をしている人が多重債務に陥る現実。この現実をどう受け止めるべきか。 『家計の金融行動に関する世論調査』によると、「貯蓄を保有していない」と答えた割合は2割を超えている。高齢化などを背景に貯蓄を取り崩す世帯も増え、低所得を理由に貯蓄のできない世帯も増えている。このような世帯の働き手が、突然の事故や病気で働けなくなったら、生活はすぐに立ち行かなくなってしまうだろう。貯蓄のない生活をしている人は、いつ、どんなきっかけで多重債務に陥るかわからない。 取材で出会った人たちは、ほとんどが病気やリストラ、離婚、DV、社会保障費の削減など、誰の身の上にも起こりうることが原因で多重債務者へと陥っていった。本当に特別な話ではない。いま借金問題に苦しんでいるのは、けっして特別な人ではないのだ。