全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

岩手県では、69件の消費者金融さんを調査

岩手県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

岩手県の消費者金融

  • 紫波郡矢巾町(0)
  • 和賀郡西和賀町(0)
  • 胆沢郡金ケ崎町(0)
  • 西磐井郡平泉町(0)
  • 東磐井郡藤沢町(0)
  • 気仙郡住田町(0)
  • 上閉伊郡大槌町(0)
  • 下閉伊郡山田町(0)
  • 下閉伊郡岩泉町(0)
  • 下閉伊郡田野畑村(0)
  • 下閉伊郡普代村(0)
  • 九戸郡軽米町(0)
  • 九戸郡野田村(0)
  • 九戸郡九戸村(0)
  • 九戸郡洋野町(0)
  • 二戸郡一戸町(0)

おすすめ書籍

クレジット・サラ金 トラブル解決マニュアル―紛争実例&解決法・相談先
クレジット・サラ金 トラブル解決マニュアル―紛争実例&解決法・相談先
志澤 徹 自由国民社
価格:¥ 1,365
【内容(「BOOK」より)】
カードの特徴は、現金を持たずに買い物ができたり、金がないときにキャッシングにより容易に現金を手にすることができるという便利さにあります。しかし、この便利さは、一方では多くの危険をはらんでいます。その第一は、債務超過により支払不能の状態になる可能性があるということです。その第二は、クレジットや消費者金融の業者による取立のトラブルが相変わらず多いということです。さらに、カード犯罪も多発しています。勝手にカードが自分名義で作られたり、盗難や紛失にあったカードが勝手に使われたりと、いつこうしたトラブルに巻き込まれないともかぎりません。本書は、こうしたクレジット・サラ金などの消費者金融の利用で起きる問題を網羅し、その問題点と解決法を解説しました。
消費者金融市場の研究―競争市場下での参入と撤退に関する考察
消費者金融市場の研究―競争市場下での参入と撤退に関する考察
堂下 浩 文眞堂
価格:¥ 2,520
【内容(「BOOK」より)】
近時、金融機関が新たな市場として注目する消費者金融市場。しかしながら、発展する市場に法制度が追いついていない現実がある。この理由として消費者金融市場が客観的に研究される機会が少なかった点がある。本書は消費者金融市場の発展を競争(参入と撤退)という視点で捉え同時に市場メカニズムを金利(リスク)という観点で検証する。
お金で死なないための本 [いつでもカード、どこでもローンの落とし穴]
お金で死なないための本 [いつでもカード、どこでもローンの落とし穴]
千葉 保/クレサラ探偵団 太郎次郎社エディタス
価格:¥ 1,890
【内容(「BOOK」より)】
この国の消費者金融の利用者、1400万人。クレジットカードの発行枚数、2億9000万枚。それらを利用して返済困難におちいっている多重債務者は、200万人超。経済苦・生活苦で自殺をしている人、年間7000人…。高校卒業と同時にだれにでも起こりうるお金のトラブルと、その解決方法が、絵解き・ナゾ解きでわかる。カード&電子マネー時代に必読の1冊。
ルポ 生活再建
ルポ 生活再建
横幕 智裕 東洋経済新報社
価格:¥ 1,680
【内容紹介より)】
50万円を金利18%で借りたとき、毎月5000円ずつ返金して、何年で完済できるか、わかりますか? 日本全国で消費者金融の利用者は約1400万人にも上るという。日本国民の8.5人に1人は、消費者金融からお金を借りていることになる。 また、その利用者の中で、5件以上の債務を抱える人は、約125万人。5件以上の債務を抱えるということは、多重債務者と推測できる。複数の金融会社から借金をして、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける多重債務者が125万人もいるのだ。 これほど日本には借金を抱えている人たちがいる。もしかしたら、あなたの家族や大切な友人が、誰にも言えず、借金に苦しんでいるのかもしれない。 そしてもう1つ、際立った数字がある。この10年間、毎年3万人以上が自殺しているのだ。原因を見てみると、「経済・生活問題」は約3割にも上る。原因を特定できない人も多いので、この割合はもう少し増える可能性が高い。 豊かだと思われている日本で、生活苦や経済的理由から多くの人が自ら命を絶つ現実。普通に仕事をしている人が多重債務に陥る現実。この現実をどう受け止めるべきか。 『家計の金融行動に関する世論調査』によると、「貯蓄を保有していない」と答えた割合は2割を超えている。高齢化などを背景に貯蓄を取り崩す世帯も増え、低所得を理由に貯蓄のできない世帯も増えている。このような世帯の働き手が、突然の事故や病気で働けなくなったら、生活はすぐに立ち行かなくなってしまうだろう。貯蓄のない生活をしている人は、いつ、どんなきっかけで多重債務に陥るかわからない。 取材で出会った人たちは、ほとんどが病気やリストラ、離婚、DV、社会保障費の削減など、誰の身の上にも起こりうることが原因で多重債務者へと陥っていった。本当に特別な話ではない。いま借金問題に苦しんでいるのは、けっして特別な人ではないのだ。