京都府城陽市では、0件の消費者金融さんの情報があります。

【最終更新日:2022-08-09】

more

掲載しておりますリストは、城陽や消費者金融のほか 京都府 と無利息期間、学生ローン、貸金業などのワードよりインターネットで独自に検索した城陽市のデーターになります。
信頼できる情報発信に努めて、消費者の皆様のお役にたてればと思っております。

リスト上の不備や口コミ評判がありましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

サラ金トップセールスマン物語―新入社員実録日誌

PR:おすすめ書籍

サラ金トップセールスマン物語―新入社員実録日誌

笠虎 崇 花伝社
価格:¥ 1,785
【著者略歴より)】
笠虎 崇 1975年横浜市生まれ。埼玉県立川越高校卒業。中央大学法学部卒業後、大手消費者金融の不動産担保ローン部に2年4ヵ月勤務。入社2ヵ月目で月間契約件数高最記録、入社4ヵ月目で融資額最高記録を達成。入社1年目で店のトップセールスに。入社2年目で都内のトップセールスになり、わずか2年間で総額10億円の融資を行う。消費者金融退職後、アジアを3ヵ月放浪。帰国後、予ての希望であった雑誌・広告の編集・ライターの仕事に転職。旅行ガイドブックのトラベルライターとしても活躍する。現在、毎日更新ホームページ「かさこワールド」にて、旅行記、海外子供写真ほか、文章と写真を両輪に、創作活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

サラ金崩壊―グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争

PR:おすすめ書籍

サラ金崩壊―グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争

井手 壮平 早川書房
価格:¥ 1,575
【内容(「BOOK」より)】
2006年1月13日、金融庁、消費者金融業界に衝撃が走った。グレーゾーン金利(利息制限法の規定を超える金利。長年容認されてきた)の有効性を、最高裁が否定したのだ。金融庁の大森泰人参事官らはこれを機にグレーゾーンの撤廃、上限金利の引き下げを目指し密かに工作をはじめる。経済的困窮による自殺、自己破産は急増しており、多重債務問題には歯止めが必要だった。現行金利の上であぐらをかいてきた業界はもちろん徹底抗戦を開始。やがては与野党の政治家、外資、マスコミを巻き込んだ大乱闘に発展してゆく―アイフルへの処分、アメリカの圧力、後藤田政務官辞任、大荒れの自民党合同会議の裏側を徹底取材。貸金業法成立までの激動の300日全記録。

玄秀盛 金を斬る!―新宿歌舞伎町駆けこみ寺出張相談所

PR:おすすめ書籍

玄秀盛 金を斬る!―新宿歌舞伎町駆けこみ寺出張相談所

玄 秀盛 マイクロマガジン社
価格:¥ 1,470
【内容(「MARC」より)】
ショッピング依存症、消費者金融、ヤミ金、自己破産…。アナタを蝕む「病原金」を、新宿歌舞伎町でさまざまな駆け込み相談に応じる著者が退治する! ビビるな! 逃げるな! 立ち向かえ!

借りすぎに注意して上手にキャッシング!

金融会社のおすすめ情報 消費者金融で融資を断られたり、ローン審査が通らなかったりしてブラックリストなのかな?と思う人は意外に沢山いるようです。
またはブラックではないはずなのに、なぜか大手の金融会社ではどこも借りれないという人もいますよね。

一般的に自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などの債務整理(さいむせいり)をするとブラックと呼ばれてしまいます。
(ブラックリストというのは通称で、消費者金融業界の中に[…]

続きを読む