新潟県燕市では、1件の消費者金融さんの情報があります。

【最終更新日:2022-07-02】

more

掲載しておりますリストは、燕や消費者金融のほか 新潟県 と無利息キャッシング、レディースローン、消費者金融業、ブラック、金融事故、大手消費者金融、学生ローン、金融者、総量規制、即日振込、簡単申し込み、カードローン比較、主婦キャッシング、中堅消費者金融などのワードよりインターネットで独自に検索した燕市のデーターになります。
信頼できる情報発信に努めて、消費者の皆様のお役にたてればと思っております。

リスト上の不備や口コミ評判がありましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

燕市
マサキ商事の評判など

マサキ商事

マサキ商事さんの口コミなどが見れます!
住所 新潟県燕市花園
電話番号 0256-66-5036
最寄駅 JR越後線 粟生津駅

続きを読む

ルポ 生活再建

PR:おすすめ書籍

ルポ 生活再建

横幕 智裕 東洋経済新報社
価格:¥ 1,680
【内容紹介より)】
50万円を金利18%で借りたとき、毎月5000円ずつ返金して、何年で完済できるか、わかりますか? 日本全国で消費者金融の利用者は約1400万人にも上るという。日本国民の8.5人に1人は、消費者金融からお金を借りていることになる。 また、その利用者の中で、5件以上の債務を抱える人は、約125万人。5件以上の債務を抱えるということは、多重債務者と推測できる。複数の金融会社から借金をして、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける多重債務者が125万人もいるのだ。 これほど日本には借金を抱えている人たちがいる。もしかしたら、あなたの家族や大切な友人が、誰にも言えず、借金に苦しんでいるのかもしれない。 そしてもう1つ、際立った数字がある。この10年間、毎年3万人以上が自殺しているのだ。原因を見てみると、「経済・生活問題」は約3割にも上る。原因を特定できない人も多いので、この割合はもう少し増える可能性が高い。 豊かだと思われている日本で、生活苦や経済的理由から多くの人が自ら命を絶つ現実。普通に仕事をしている人が多重債務に陥る現実。この現実をどう受け止めるべきか。 『家計の金融行動に関する世論調査』によると、「貯蓄を保有していない」と答えた割合は2割を超えている。高齢化などを背景に貯蓄を取り崩す世帯も増え、低所得を理由に貯蓄のできない世帯も増えている。このような世帯の働き手が、突然の事故や病気で働けなくなったら、生活はすぐに立ち行かなくなってしまうだろう。貯蓄のない生活をしている人は、いつ、どんなきっかけで多重債務に陥るかわからない。 取材で出会った人たちは、ほとんどが病気やリストラ、離婚、DV、社会保障費の削減など、誰の身の上にも起こりうることが原因で多重債務者へと陥っていった。本当に特別な話ではない。いま借金問題に苦しんでいるのは、けっして特別な人ではないのだ。

クレジット・サラ金 トラブル解決マニュアル―紛争実例&解決法・相談先

PR:おすすめ書籍

クレジット・サラ金 トラブル解決マニュアル―紛争実例&解決法・相談先

志澤 徹 自由国民社
価格:¥ 1,365
【内容(「BOOK」より)】
カードの特徴は、現金を持たずに買い物ができたり、金がないときにキャッシングにより容易に現金を手にすることができるという便利さにあります。しかし、この便利さは、一方では多くの危険をはらんでいます。その第一は、債務超過により支払不能の状態になる可能性があるということです。その第二は、クレジットや消費者金融の業者による取立のトラブルが相変わらず多いということです。さらに、カード犯罪も多発しています。勝手にカードが自分名義で作られたり、盗難や紛失にあったカードが勝手に使われたりと、いつこうしたトラブルに巻き込まれないともかぎりません。本書は、こうしたクレジット・サラ金などの消費者金融の利用で起きる問題を網羅し、その問題点と解決法を解説しました。

多重債務の正しい解決法―解決できない借金問題はない

PR:おすすめ書籍

多重債務の正しい解決法―解決できない借金問題はない

宇都宮 健児 花伝社
価格:¥ 1,785
【目次】
1章 多重債務問題の現状(自己破産の現状
多重債務者の現状 ほか)
2章 新貸金業法の成立とその概要(画期的な新貸金業法が成立
新貸金業法の概要 ほか)
3章 多重債務の解決方法(多重債務を解決する四つの方法
貸金業者の督促・取立てを止める方法 ほか)
4章 借金をめぐる諸問題(サラ金(消費者金融)の金利規制はどうなっているのか?
サラ金(消費者金融)の業務は法律でどのように規制されているのか ほか)
資料編

借りすぎに注意して上手にキャッシング!

金融会社のおすすめ情報 消費者金融で融資を断られたり、ローン審査が通らなかったりしてブラックリストなのかな?と思う人は意外に沢山いるようです。
またはブラックではないはずなのに、なぜか大手の金融会社ではどこも借りれないという人もいますよね。

一般的に自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などの債務整理(さいむせいり)をするとブラックと呼ばれてしまいます。
(ブラックリストというのは通称で、消費者[…]

続きを読む