愛媛県宇和島市では、4件の消費者金融さんの情報があります。

【最終更新日:2021-07-31】

more

掲載しておりますリストは、宇和島や消費者金融のほか 愛媛県 と消費者ローン、総量規制、即日キャッシング、クレジットカードキャッシング、即日振込、金利満足度、カードローン、過払い、金融者、中小消費者金融、大手消費者金融などのワードよりインターネットで独自に検索した宇和島市のデーターになります。
信頼できる情報発信に努めて、消費者の皆様のお役にたてればと思っております。

リスト上の不備や口コミ評判がありましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

宇和島市
プロミス(株)宇和島支店の営業情報など

プロミス(株)宇和島支店

プロミス(株)宇和島支店さんの口コミなどが見れます!
住所 愛媛県宇和島市中央町1丁目7-16
電話番号 0895-22-6250
最寄駅 JR予讃・内子線 宇和島駅

続きを読む

宇和島市
(有)森商事の口コミなど

(有)森商事

(有)森商事さんの口コミなどが見れます!
住所 愛媛県宇和島市丸之内5丁目2-10
電話番号 0895-22-7321
最寄駅 JR予土線(しまんとグリーンライン) 宇和島駅

続きを読む

宇和島市
(株)セントラル宇和島支店の評判など

(株)セントラル宇和島支店

(株)セントラル宇和島支店さんの評判などが検索できます!
住所 愛媛県宇和島市栄町港3丁目6-8-203
電話番号 0895-22-6000
最寄駅 JR予土線(しまんとグリーンライン) 宇和島駅

続きを読む

宇和島市
(株)松商/宇和島店の口コミなど

(株)松商/宇和島店

(株)松商/宇和島店さんの評判などが検索できます!
住所 愛媛県宇和島市中央町1丁目10-15-2F
電話番号 0895-24-5151
最寄駅 JR予讃・内子線 宇和島駅

続きを読む

クレジット・消費者金融のトラブル解決マニュアル 改訂増補版

PR:おすすめ書籍

クレジット・消費者金融のトラブル解決マニュアル 改訂増補版

志澤 徹 自由国民社
価格:¥ 1,365
【内容紹介より)】
カードの特徴は、現金を持たずに買い物ができたり、金がないときにキャッシングにより容易に現金を手にすることができるという便利さにあります。しかし、この便利さは、一方では多くの危険をはらんでいます。その第一は、債務超過により支払不能の状態になる可能性があるということです。現状でも、いつ破産してもおかしくない人が多数いるといわれています。その第二は、クレジットや消費者金融の業者による取立のトラブルが相変わらず多いということです。簡単に借りることができることが売り物の消費者金融では、小口の貸し出しには担保(保証人や抵当権の設定)を取ることはなく、その代わりに支払いが滞ったときの厳しい取り立てがいわば担保の代わりをしているのです。本書は、こうしたクレジット・サラ金などの消費者金融の利用で起きる問題を網羅し、その問題点と解決法を解説しました。

[オーディオブックCD] 金融屋 借金漬けにされる消費者たち

PR:おすすめ書籍

[オーディオブックCD] 金融屋 借金漬けにされる消費者たち

笠虎崇/彩図社 パンローリング
価格:¥ 2,625
【著者についてより)】
笠虎崇(かさこ・たか) 1975年横浜生まれ。埼玉県立川越高校卒業、中央大学法学部卒業後、大手消費者金融の不動産担保ローン部勤務。わずか2年で総額10億円を融資しトップセールスマンとして活躍。 現在は、トラベルライター、カメラマン&ライターとして、写真、文章を中心に活動。2000年より毎日更新ホームページ「かさこワールド」にて、旅行写真、猫写真、工場写真ほか、社会評論を執筆中。

消費者金融市場の研究―競争市場下での参入と撤退に関する考察

PR:おすすめ書籍

消費者金融市場の研究―競争市場下での参入と撤退に関する考察

堂下 浩 文眞堂
価格:¥ 2,520
【内容(「BOOK」より)】
近時、金融機関が新たな市場として注目する消費者金融市場。しかしながら、発展する市場に法制度が追いついていない現実がある。この理由として消費者金融市場が客観的に研究される機会が少なかった点がある。本書は消費者金融市場の発展を競争(参入と撤退)という視点で捉え同時に市場メカニズムを金利(リスク)という観点で検証する。

借りすぎに注意して上手にキャッシング!

金融会社のおすすめ情報 消費者金融で融資を断られたり、ローン審査が通らなかったりしてブラックリストなのかな?と思う人は意外に沢山いるようです。
またはブラックではないはずなのに、なぜか大手の金融会社ではどこも借りれないという人もいますよね。

一般的に自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などの債務整理(さいむせいり)をするとブラックと呼ばれてしまいます。
(ブラック[…]

続きを読む