全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

福岡県では、307件の消費者金融さんを調査

福岡県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

福岡県の消費者金融

  • 福津市(0)
  • うきは市(0)
  • 宮若市(0)
  • 糟屋郡篠栗町(0)
  • 糟屋郡志免町(0)
  • 糟屋郡須惠町(0)
  • 糟屋郡新宮町(0)
  • 糟屋郡久山町(0)
  • 糟屋郡粕屋町(0)
  • 三井郡大刀洗町(0)
  • 三潴郡大木町(0)
  • 八女郡広川町(0)
  • 田川郡香春町(0)
  • 田川郡添田町(0)
  • 田川郡糸田町(0)
  • 築上郡吉富町(0)
  • 築上郡上毛町(0)
  • 築上郡築上町(0)

おすすめ書籍

ヤミ金融のカラクリ―悪徳業者の騙しのテクニックに気をつけろ!
ヤミ金融のカラクリ―悪徳業者の騙しのテクニックに気をつけろ!
藤原 義恭 PHP研究所
価格:¥ 1,470
【著者略歴より)】
藤原 義恭 弁護士。1956年、兵庫県生まれ。東京大学法学部卒業後、金融機関の業界団体に勤務、金融情報の提供や融資関連など、法務面の相談窓口を担当する。93年に司法試験合格。ときわ綜合法律事務所で金融法務や商事法務を中心とした活動を開始。企業からの信頼も篤く、一般民事事件などにも幅広いフィールドを持ち、これからを期待される気鋭の弁護士である 山本 鐘博 1954年、岩手県生まれ。明治大学商学部卒業後、証券会社で教育担当を務める。その後、独立して経済雑誌等で執筆活動をおこなう。とくに消費者金融、ウラ金融等の調査報告では定評がある。また、金融機関、不動産会社等の社員研修などにも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
平木 恭一 秀和システム
価格:¥ 1,365
【目次】
第1章 クレジットカード業界の現状
第2章 クレジット/ローン業界の仕組みと仕事
第3章 クレジットカード業界の現状と問題点
第4章 信販業界の現状と問題点
第5章 消費者金融業界の現状と問題点
第6章 クレジット/ローン業界の将来動向
改訂新版・過払い金回収マニュアル サラ金(消費者金融)・クレジット会社からお金を取り返す方法
改訂新版・過払い金回収マニュアル サラ金(消費者金融)・クレジット会社からお金を取り返す方法
名古屋消費者信用問題研究会 ダイヤモンド社
価格:¥ 1,260
【内容紹介より)】
過払い金回収のバイブル!この一冊で、過払い金の計算方法、サラ金・クレジット会社への請求方法から、裁判の起こし方、調停の手続きまで、すべて分かります。あなたの過払い金を簡単に計算できるCD-ROM付。2010年6月までに、グレーゾーン金利は廃止されるが、消費者金融が貯め込んだ過払い金10兆円の返還義務がなくなるわけではない。サラ金・クレジット会社から過払い金を取り戻せる人は全国に500万人を超える。さあ、あなたもサラ金・クレジット会社に「お金を返せ」と言ってみよう!
ルポ 生活再建
ルポ 生活再建
横幕 智裕 東洋経済新報社
価格:¥ 1,680
【内容紹介より)】
50万円を金利18%で借りたとき、毎月5000円ずつ返金して、何年で完済できるか、わかりますか? 日本全国で消費者金融の利用者は約1400万人にも上るという。日本国民の8.5人に1人は、消費者金融からお金を借りていることになる。 また、その利用者の中で、5件以上の債務を抱える人は、約125万人。5件以上の債務を抱えるということは、多重債務者と推測できる。複数の金融会社から借金をして、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける多重債務者が125万人もいるのだ。 これほど日本には借金を抱えている人たちがいる。もしかしたら、あなたの家族や大切な友人が、誰にも言えず、借金に苦しんでいるのかもしれない。 そしてもう1つ、際立った数字がある。この10年間、毎年3万人以上が自殺しているのだ。原因を見てみると、「経済・生活問題」は約3割にも上る。原因を特定できない人も多いので、この割合はもう少し増える可能性が高い。 豊かだと思われている日本で、生活苦や経済的理由から多くの人が自ら命を絶つ現実。普通に仕事をしている人が多重債務に陥る現実。この現実をどう受け止めるべきか。 『家計の金融行動に関する世論調査』によると、「貯蓄を保有していない」と答えた割合は2割を超えている。高齢化などを背景に貯蓄を取り崩す世帯も増え、低所得を理由に貯蓄のできない世帯も増えている。このような世帯の働き手が、突然の事故や病気で働けなくなったら、生活はすぐに立ち行かなくなってしまうだろう。貯蓄のない生活をしている人は、いつ、どんなきっかけで多重債務に陥るかわからない。 取材で出会った人たちは、ほとんどが病気やリストラ、離婚、DV、社会保障費の削減など、誰の身の上にも起こりうることが原因で多重債務者へと陥っていった。本当に特別な話ではない。いま借金問題に苦しんでいるのは、けっして特別な人ではないのだ。