全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

高知県では、56件の消費者金融さんを調査

高知県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

高知県の消費者金融

  • 香南市(0)
  • 香美市(0)
  • 安芸郡東洋町(0)
  • 安芸郡奈半利町(0)
  • 安芸郡田野町(0)
  • 安芸郡安田町(0)
  • 安芸郡北川村(0)
  • 安芸郡馬路村(0)
  • 安芸郡芸西村(0)
  • 長岡郡本山町(0)
  • 長岡郡大豊町(0)
  • 土佐郡土佐町(0)
  • 高岡郡中土佐町(0)
  • 高岡郡佐川町(0)
  • 高岡郡越知町(0)
  • 高岡郡檮原町(0)
  • 高岡郡日高村(0)
  • 高岡郡津野町(0)
  • 高岡郡四万十町(0)
  • 幡多郡大月町(0)
  • 幡多郡三原村(0)
  • 幡多郡黒潮町(0)

おすすめ書籍

サラ金崩壊―グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争
サラ金崩壊―グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争
井手 壮平 早川書房
価格:¥ 1,575
【内容(「BOOK」より)】
2006年1月13日、金融庁、消費者金融業界に衝撃が走った。グレーゾーン金利(利息制限法の規定を超える金利。長年容認されてきた)の有効性を、最高裁が否定したのだ。金融庁の大森泰人参事官らはこれを機にグレーゾーンの撤廃、上限金利の引き下げを目指し密かに工作をはじめる。経済的困窮による自殺、自己破産は急増しており、多重債務問題には歯止めが必要だった。現行金利の上であぐらをかいてきた業界はもちろん徹底抗戦を開始。やがては与野党の政治家、外資、マスコミを巻き込んだ大乱闘に発展してゆく―アイフルへの処分、アメリカの圧力、後藤田政務官辞任、大荒れの自民党合同会議の裏側を徹底取材。貸金業法成立までの激動の300日全記録。
サラ金・ヤミ金大爆発―亡国の高利貸
サラ金・ヤミ金大爆発―亡国の高利貸
三宅 勝久 花伝社
価格:¥ 1,575
【内容(「BOOK」より)】
暴れ回る追剥ぎヤミ金融そのとき警察は?消費者金融が仮面の下でほくそ笑む失業・離別・失踪・自殺…日本列島を覆うサラ金・ヤミ金残酷物語“武富士騒動”とは?ヤミ金無法地帯、暗黒日本の断層をえぐる迫真のルポ。
日本の消費者信用統計〈平成17年版〉
日本の消費者信用統計〈平成17年版〉
日本クレジット産業協会
価格:¥ 27,300
【目次】
第1部 消費者信用の推移(平成15年消費者信用統計の要旨
消費者信用統計総括表
消費者信用動向)
第2部 消費者信用実態調査(平成16年度消費者信用実態調査結果について
平成16年度クレジットカード発行枚数調査結果について
クレジット動態調査結果について ほか)
第3部 消費者信用関連統計(販売信用
消費者金融
関連統計)
企業進化ダイナミズム―私はいかにして巨額負債を解消し自律的再生を果たしたか
企業進化ダイナミズム―私はいかにして巨額負債を解消し自律的再生を果たしたか
白井 一成 六法出版社
価格:¥ 1,575
【著者コメントより)】
私は大卒後、父が創業した消費者金融を主力とする企業グループに入り、父が亡くなった後、26歳で実質上の経営権を受け継ぎました。しかし、経営環境の悪化からビジネスモデルは崩壊寸前となり、不良債権、不良資産、約1600億円の借入金の山が立ちふさがりました。社内の組織もガタガタになり、経営危機が一気に噴出しました。 思うに任せない資金調達を何とかしようと奮闘し、経営知識を猛勉強し、外部のコンサルタントの助けを借りながら危機を乗り越えるための企業戦略をつくって実行に移しましたが、結局は貸付債権を売却し、店舗と社員を外資に引き継ぐ道しか残されていませんでした。それでも、資産、負債がほとんどゼロの状態になったことで、私は30歳で新たなビジネス・ステージのスタートを切ることができました。現在は株式会社シークエッジの代表取締役として、投資銀行と経営戦略コンサルティング・ファームが融合したグループ企業群の経営に携わっており、「投資金融サービス進化形」を目指しています。 もっと大きなビジネスを、高度な「知」が結集した極限まで洗練された仕組みをつくって動かす--私が仲間たちと思い描いたそんな夢と理想について、それを「絶対に実現するんだ」という強い意思を持ちながら困難を乗り越え現在に至るまでの軌跡 について、そして、その過程で身をもって知り、学んだことについて、この本で綴っています。興味を持たれた方はぜひ、ご一読ください。