全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

岐阜県では、44件の消費者金融さんを調査

岐阜県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

岐阜県の消費者金融

  • 恵那市(0)
  • 美濃加茂市(0)
  • 土岐市(0)
  • 瑞穂市(0)
  • 飛騨市(0)
  • 本巣市(0)
  • 郡上市(0)
  • 下呂市(0)
  • 海津市(0)
  • 不破郡垂井町(0)
  • 不破郡関ケ原町(0)
  • 安八郡神戸町(0)
  • 安八郡輪之内町(0)
  • 安八郡安八町(0)
  • 揖斐郡揖斐川町(0)
  • 揖斐郡大野町(0)
  • 揖斐郡池田町(0)
  • 本巣郡北方町(0)
  • 加茂郡坂祝町(0)
  • 加茂郡富加町(0)
  • 加茂郡川辺町(0)
  • 加茂郡七宗町(0)
  • 加茂郡八百津町(0)
  • 加茂郡白川町(0)
  • 加茂郡東白川村(0)
  • 可児郡御嵩町(0)
  • 大野郡白川村(0)

おすすめ書籍

VISAのトップブランド戦略
VISAのトップブランド戦略
岩田 昭男 東洋経済新報社
価格:¥ 1,575
【著者略歴より)】
岩田 昭男 1952年生まれ。早稲田大学卒業。流通、情報通信、金融分野を中心に活躍する消費生活ジャーナリスト。特にクレジットカードと消費者金融については15年来、取材を続けている主要テーマであり、消費者信用分野でのセミナー等の講師も数多く務める。業界事情だけでなく消費者の立場に立ったカードの利用法まで詳しい。近年は、オールアバウトジャパン「クレジットカード・サイト」のガイドを務めるほか、カード愛好家集団「プラスチックカンパニー」を主宰するなどネット上でも活躍。2003年2月にNPO法人「ICカードとカード教育を考える会(略称JICC)」を設立し、住民基本台帳ICカードや個人情報保護問題にも精力的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
平木 恭一 秀和システム
価格:¥ 1,365
【内容(「BOOK」より)】
本書では、クレジットカード、信販、消費者金融の3業態をクレジット/ローン業界としてひと括りにして取り上げ、業界関係者のナマの声も盛り込みながら、それぞれが抱える課題と将来動向について詳説しました。
ヤミ金融のカラクリ―悪徳業者の騙しのテクニックに気をつけろ!
ヤミ金融のカラクリ―悪徳業者の騙しのテクニックに気をつけろ!
藤原 義恭 PHP研究所
価格:¥ 1,470
【著者略歴より)】
藤原 義恭 弁護士。1956年、兵庫県生まれ。東京大学法学部卒業後、金融機関の業界団体に勤務、金融情報の提供や融資関連など、法務面の相談窓口を担当する。93年に司法試験合格。ときわ綜合法律事務所で金融法務や商事法務を中心とした活動を開始。企業からの信頼も篤く、一般民事事件などにも幅広いフィールドを持ち、これからを期待される気鋭の弁護士である 山本 鐘博 1954年、岩手県生まれ。明治大学商学部卒業後、証券会社で教育担当を務める。その後、独立して経済雑誌等で執筆活動をおこなう。とくに消費者金融、ウラ金融等の調査報告では定評がある。また、金融機関、不動産会社等の社員研修などにも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
武富士 サラ金帝国の闇
武富士 サラ金帝国の闇
一ノ宮 美成 講談社
価格:¥ 1,680
【商品説明より)】
武富士サラ金帝国の闇 消費者金融業界最大手として拡大を続けていた武富士が、盗聴事件によって武井保雄前会長をはじめとする逮捕者を出してから1年が経つ。経営陣の刷新を図り、再建に向けて動き出した同社は本当に変わることができるのか――。暴力団など裏社会の取材に定評のある著者が、改めて“武富士スキャンダル”の全容を明らかにしようと試みたノンフィクションだ。 武富士帝国の独裁者と言われた武井前会長とは、いかなる人物だったのか。元社員らは、「北朝鮮といっしょの絶対的な君主制度」「会長の命令は絶対。軍隊と宗教団体、それもカルト教団を足して二で割ったような会社だった」と回顧する。ナンバー2という存在を嫌い、いかに目をかけて育てても必ず最後には粛清したという。こうした独裁体制が長年維持されてきた背景には、人を人とも思わぬむちゃくちゃな貸し付け(過剰融資など)と、容赦ない取り立ての実態があった。また、巨万の富に群がる政治家、官僚、右翼、暴力団、さらには警察関係者やマスコミの存在も見え隠れしているとし、実名を挙げて同社との関係を追及していく。執拗な接待や交渉、裏工作などによって、本来は同社に批判的だったマスコミ人や弁護士が懐柔されていく過程が赤裸々に描かれている。