全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

神奈川県では、175件の消費者金融さんを調査

神奈川県消費者金融を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております消費者金融データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

神奈川県の消費者金融

  • 横浜市泉区(0)
  • 横浜市青葉区(0)
  • 横浜市都筑区(0)
  • 伊勢原市(0)
  • 海老名市(0)
  • 座間市(0)
  • 足柄上郡中井町(0)
  • 足柄上郡大井町(0)
  • 足柄上郡松田町(0)
  • 足柄上郡山北町(0)
  • 足柄上郡開成町(0)
  • 足柄下郡箱根町(0)
  • 愛甲郡清川村(0)

おすすめ書籍

ルポ 生活再建
ルポ 生活再建
横幕 智裕 東洋経済新報社
価格:¥ 1,680
【内容紹介より)】
50万円を金利18%で借りたとき、毎月5000円ずつ返金して、何年で完済できるか、わかりますか? 日本全国で消費者金融の利用者は約1400万人にも上るという。日本国民の8.5人に1人は、消費者金融からお金を借りていることになる。 また、その利用者の中で、5件以上の債務を抱える人は、約125万人。5件以上の債務を抱えるということは、多重債務者と推測できる。複数の金融会社から借金をして、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける多重債務者が125万人もいるのだ。 これほど日本には借金を抱えている人たちがいる。もしかしたら、あなたの家族や大切な友人が、誰にも言えず、借金に苦しんでいるのかもしれない。 そしてもう1つ、際立った数字がある。この10年間、毎年3万人以上が自殺しているのだ。原因を見てみると、「経済・生活問題」は約3割にも上る。原因を特定できない人も多いので、この割合はもう少し増える可能性が高い。 豊かだと思われている日本で、生活苦や経済的理由から多くの人が自ら命を絶つ現実。普通に仕事をしている人が多重債務に陥る現実。この現実をどう受け止めるべきか。 『家計の金融行動に関する世論調査』によると、「貯蓄を保有していない」と答えた割合は2割を超えている。高齢化などを背景に貯蓄を取り崩す世帯も増え、低所得を理由に貯蓄のできない世帯も増えている。このような世帯の働き手が、突然の事故や病気で働けなくなったら、生活はすぐに立ち行かなくなってしまうだろう。貯蓄のない生活をしている人は、いつ、どんなきっかけで多重債務に陥るかわからない。 取材で出会った人たちは、ほとんどが病気やリストラ、離婚、DV、社会保障費の削減など、誰の身の上にも起こりうることが原因で多重債務者へと陥っていった。本当に特別な話ではない。いま借金問題に苦しんでいるのは、けっして特別な人ではないのだ。
ヤミ金融のカラクリ―悪徳業者の騙しのテクニックに気をつけろ!
ヤミ金融のカラクリ―悪徳業者の騙しのテクニックに気をつけろ!
藤原 義恭 PHP研究所
価格:¥ 1,470
【著者略歴より)】
藤原 義恭 弁護士。1956年、兵庫県生まれ。東京大学法学部卒業後、金融機関の業界団体に勤務、金融情報の提供や融資関連など、法務面の相談窓口を担当する。93年に司法試験合格。ときわ綜合法律事務所で金融法務や商事法務を中心とした活動を開始。企業からの信頼も篤く、一般民事事件などにも幅広いフィールドを持ち、これからを期待される気鋭の弁護士である 山本 鐘博 1954年、岩手県生まれ。明治大学商学部卒業後、証券会社で教育担当を務める。その後、独立して経済雑誌等で執筆活動をおこなう。とくに消費者金融、ウラ金融等の調査報告では定評がある。また、金融機関、不動産会社等の社員研修などにも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
ブラックリストなんて怖くない
ブラックリストなんて怖くない
吉田 猫次郎 宝島社
価格:¥ 1,470
【著者コメントより)】
「カードやローンの返済が遅れると、ブラックリスト入りして社会的信用を失う」と言われています。社会的信用を維持するためにカードを計画的に使い、滞りなく決済し、良好なクレジットヒストリーを積み上げるのが最も良いことは言うまでもありません。 しかし、近年は自己破産者年間20万人超、消費者金融契約者人口1900万人、ブラックリスト人口推定300万人超と、ゆゆしき事態になっているのが現実です。ブラックリスト入りしそうな予備軍は1000万人近くいるだろうと推定されます。この中には、浪費やギャンブルで借金をこしらえた人よりもむしろ、生活苦や収入減などの理由で致し方なく借金が増えていった人のほうが多く含まれています。これはもはや、大きな社会問題です。「ブラックリストになる奴なんて、社会人失格だ」などと安易に断罪できるものではありません。 ところで、意外に知られていませんが、我が国には「ブラックリスト」などという公式なリストは存在しません。皆さんがブラックリストと呼んでいるものは、民間の信用情報機関に置かれている金融関係の事故情報のことです。その信用情報機関には金融機関とクレジット関連会社と貸金業者しか加盟していません。信用情報機関の個人情報は厳重に管理されており、あなたの信用情報は、あなた自身と、あなたが許可した一部の加盟会社(ローンの申込をしたカード会社や金融機関など)しか、それを閲覧することはできないのです。自分の職場や近所にまでブラックリストが知られてしまうと思ったら大間違いです。就職や日常生活には何の不自由もありません。  皆さん、ブラック、ブラックって恐れすぎです。いや、恐れるのは構いませんが、その実態もろくに知らず、オバケや宇宙人のようにただ闇雲に恐れるのはナンセンスだと思いませんか?  本書は決してモラルハザード(安易な借金踏み倒し等)を助長するものではありません。やむにやまれぬ事情で借金が膨らみ、それでもなお盲目的に自転車操業を繰り返しているいわば経済的弱者のために、「問題解決のきっかけ」を提示したいと思い、書いたものです。 「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という諺があります。ブラックリストとは一体何か?どのようなリストがどのような所で記録されているのか?どういった制裁を受けるのか?その根拠は何か?・・・本書を読めばその全てがわかります。法改正や業界再
消費者信用の経済学
消費者信用の経済学
東洋経済新報社
価格:¥ 5,040
【内容(「MARC」より)】
企業や生産者ではなく家計に焦点を当て、過重債務、個人破産、カウンセリング、信用情報機関など、消費者金融の政策論議に必要不可欠なテーマを実証的・理論的に提示。4年にわたるEU議長による研究活動の集大成。