全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

消費者金融のご紹介

足立区消費者金融を、郵便番号の昇順に並べてご紹介しております。
掲載しておりますデーターは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査し、随時更新しております。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料です。

下記の店舗名をクリックすると、詳細情報、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、最寄り駅、地図、ホームページアドレス、メール、お店からのコメントなどが見れます。

法に遵守したサイト運営と、ご利用者様に対し未登録業者いわゆる闇金に対する注意喚起を行う目的で 登録番号を表示することで明確にしました。詳しくは「貸金業者登録番号表示について」をご覧ください。

【最終更新日:2017-11-19】

東京都の消費者金融

  • 千代田区の消費者金融(68件)
  • 中央区の消費者金融(52件)
  • 港区の消費者金融(44件)
  • 新宿区の消費者金融(74件)
  • 文京区の消費者金融(12件)
  • 台東区の消費者金融(31件)
  • 墨田区の消費者金融(12件)
  • 江東区の消費者金融(4件)
  • 品川区の消費者金融(26件)
  • 目黒区の消費者金融(3件)
  • 大田区の消費者金融(10件)
  • 世田谷区の消費者金融(4件)
  • 渋谷区の消費者金融(42件)
  • 中野区の消費者金融(12件)
  • 杉並区の消費者金融(4件)
  • 豊島区の消費者金融(40件)
  • 北区の消費者金融(4件)
  • 荒川区の消費者金融(5件)
  • 板橋区の消費者金融(8件)
  • 練馬区の消費者金融(9件)
  • 足立区の消費者金融(7件)
  • 葛飾区の消費者金融(10件)
  • 江戸川区の消費者金融(16件)
  • 八王子市の消費者金融(10件)
  • 立川市の消費者金融(12件)
  • 武蔵野市の消費者金融(5件)
  • 三鷹市の消費者金融(5件)
  • 青梅市の消費者金融(1件)
  • 府中市の消費者金融(2件)
  • 昭島市の消費者金融(2件)
  • 調布市の消費者金融(2件)
  • 町田市の消費者金融(13件)
  • 小金井市の消費者金融(1件)
  • 小平市の消費者金融(0件)
  • 日野市の消費者金融(1件)
  • 東村山市の消費者金融(1件)
  • 国分寺市の消費者金融(3件)
  • 国立市の消費者金融(1件)
  • 福生市の消費者金融(2件)
  • 狛江市の消費者金融(0件)
  • 東大和市の消費者金融(0件)
  • 清瀬市の消費者金融(1件)
  • 東久留米市の消費者金融(1件)
  • 武蔵村山市の消費者金融(0件)
  • 多摩市の消費者金融(2件)
  • 稲城市の消費者金融(0件)
  • 羽村市の消費者金融(0件)
  • あきる野市の消費者金融(0件)
  • 西東京市の消費者金融(4件)
  • 西多摩郡瑞穂町の消費者金融(0件)
  • 西多摩郡日の出町の消費者金融(0件)
  • 西多摩郡檜原村の消費者金融(0件)
  • 西多摩郡奥多摩町の消費者金融(0件)
  • 大島町の消費者金融(0件)
  • 利島村の消費者金融(0件)
  • 新島村の消費者金融(0件)
  • 神津島村の消費者金融(0件)
  • 三宅島三宅村の消費者金融(0件)
  • 御蔵島村の消費者金融(0件)
  • 八丈島八丈町の消費者金融(0件)
  • 青ヶ島村の消費者金融(0件)
  • 小笠原村の消費者金融(0件)

おすすめ書籍

企業進化ダイナミズム―私はいかにして巨額負債を解消し自律的再生を果たしたか
企業進化ダイナミズム―私はいかにして巨額負債を解消し自律的再生を果たしたか
白井 一成 六法出版社
価格:¥ 1,575
【著者コメントより)】
私は大卒後、父が創業した消費者金融を主力とする企業グループに入り、父が亡くなった後、26歳で実質上の経営権を受け継ぎました。しかし、経営環境の悪化からビジネスモデルは崩壊寸前となり、不良債権、不良資産、約1600億円の借入金の山が立ちふさがりました。社内の組織もガタガタになり、経営危機が一気に噴出しました。 思うに任せない資金調達を何とかしようと奮闘し、経営知識を猛勉強し、外部のコンサルタントの助けを借りながら危機を乗り越えるための企業戦略をつくって実行に移しましたが、結局は貸付債権を売却し、店舗と社員を外資に引き継ぐ道しか残されていませんでした。それでも、資産、負債がほとんどゼロの状態になったことで、私は30歳で新たなビジネス・ステージのスタートを切ることができました。現在は株式会社シークエッジの代表取締役として、投資銀行と経営戦略コンサルティング・ファームが融合したグループ企業群の経営に携わっており、「投資金融サービス進化形」を目指しています。 もっと大きなビジネスを、高度な「知」が結集した極限まで洗練された仕組みをつくって動かす--私が仲間たちと思い描いたそんな夢と理想について、それを「絶対に実現するんだ」という強い意思を持ちながら困難を乗り越え現在に至るまでの軌跡 について、そして、その過程で身をもって知り、学んだことについて、この本で綴っています。興味を持たれた方はぜひ、ご一読ください。
VISAのトップブランド戦略
VISAのトップブランド戦略
岩田 昭男 東洋経済新報社
価格:¥ 1,575
【著者略歴より)】
岩田 昭男 1952年生まれ。早稲田大学卒業。流通、情報通信、金融分野を中心に活躍する消費生活ジャーナリスト。特にクレジットカードと消費者金融については15年来、取材を続けている主要テーマであり、消費者信用分野でのセミナー等の講師も数多く務める。業界事情だけでなく消費者の立場に立ったカードの利用法まで詳しい。近年は、オールアバウトジャパン「クレジットカード・サイト」のガイドを務めるほか、カード愛好家集団「プラスチックカンパニー」を主宰するなどネット上でも活躍。2003年2月にNPO法人「ICカードとカード教育を考える会(略称JICC)」を設立し、住民基本台帳ICカードや個人情報保護問題にも精力的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)
下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)
須田 慎一郎 筑摩書房
価格:¥ 735
【内容(「BOOK」より)】
格差社会の暗部で、弱者が借金漬けにされている。デフレ経済下、大手消費者金融会社は低所得者層を貪り、肥大化してきた。いま、その甘い蜜を求めて大手銀行と外資企業が争奪戦を演じている。その一方で、多重債務に陥った利用者は、ヤミ金に全てを奪われた挙句、深い闇に沈められる…。貸し手と借り手の双方に生じている変化を分析し、金融業界と日本社会の地殻変動を克明に描いた渾身のノンフィクション。
庶民金融論―消費者金融を理解するために
庶民金融論―消費者金融を理解するために
片山 隆男 萌書房
価格:¥ 2,625
【内容(「MARC」より)】
庶民金融の歴史的変遷とその内にある思想を、時代背景にも目を配りつつ説き起こし、さらに今日の代表的な庶民金融である消費者金融の現状と問題点を、総合的かつ体系的に論究する。