全国の消費者金融さんを一挙ご紹介!
 

消費者金融のご紹介

下関市消費者金融を、郵便番号の昇順に並べてご紹介しております。
掲載しておりますデーターは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査し、随時更新しております。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料です。

下記の店舗名をクリックすると、詳細情報、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、最寄り駅、地図、ホームページアドレス、メール、お店からのコメントなどが見れます。

法に遵守したサイト運営と、ご利用者様に対し未登録業者いわゆる闇金に対する注意喚起を行う目的で 登録番号を表示することで明確にしました。詳しくは「貸金業者登録番号表示について」をご覧ください。

【最終更新日:2017-07-23】

山口県の消費者金融

  • 下関市の消費者金融(25件)
  • 宇部市の消費者金融(15件)
  • 山口市の消費者金融(15件)
  • 萩市の消費者金融(1件)
  • 防府市の消費者金融(13件)
  • 下松市の消費者金融(0件)
  • 岩国市の消費者金融(10件)
  • 光市の消費者金融(4件)
  • 長門市の消費者金融(0件)
  • 柳井市の消費者金融(1件)
  • 美祢市の消費者金融(2件)
  • 周南市の消費者金融(24件)
  • 山陽小野田市の消費者金融(0件)
  • 大島郡周防大島町の消費者金融(0件)
  • 玖珂郡和木町の消費者金融(0件)
  • 熊毛郡上関町の消費者金融(0件)
  • 熊毛郡田布施町の消費者金融(0件)
  • 熊毛郡平生町の消費者金融(0件)
  • 阿武郡阿武町の消費者金融(0件)

おすすめ書籍

クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
クレジットカードこれだけ知れば怖くない 爆発する「カード&ネット」のしくみと防犯術 (JBシリーズ)
岩田 昭男 実業之日本社
価格:¥ 1,365
【著者略歴より)】
岩田 昭男 消費生活評論家。カード評論の第一人者として知られる。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院修士課程修了。月刊誌記者などを経て独立。金融分野を中心に消費者の立場に立った視点でのわかりやすい解説には定評がある。とくに、クレジットカードと消費者金融については18年来、取材を続けている主要テーマであり、この分野を中心に講演やセミナー等の講師も数多く務める。先の米国カード情報流出事件の際には、NHK「ニュース10」「暮らしと経済」、フジテレビ「とくダネ!」などで事件の背景を解説。このほかコメンテーターとして、テレビ東京「オープニング・ベル」などに出演している。また近年は、オールアバウトジャパン「クレジットカード・サイト」のガイドを務めるほか、カード愛好家集団「プラスチックカンパニー」を主宰するなどネット上でも活躍中。2003年2月にNPO法人「ICカードとカード教育を考える会(略称JICC)」を設立し、住民基本台帳ICカードや個人情報保護問題にも精力的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
「貸せない」金融―個人を追い込む金融行政 (角川SSC新書)
「貸せない」金融―個人を追い込む金融行政 (角川SSC新書)
小林 幹男 角川SSコミュニケーションズ
価格:¥ 798
【内容(「BOOK」より)】
「お金を借りられない」社会が、いかに経済を停滞させるか。今まさに日本に起きている現象を検証する。ここ数年、消費者金融では10人に6~7人が融資を断わられ、事業の世界では中小企業の資金繰り倒産が続いている。また、身近なものではカードでのキャッシングが下りないケースもある。これらに共通するのはノンバンク経由のお金ということだ。実はノンバンクは「貸さない」ではなく「貸せない」。06年末に成立した「改正貸金業法」等により機能不全に陥っているのだ。お金が回らない経済は縮小せざるをえない。日本経済が抱える「もうひとつ」の不況の構造を解説する。
クレジット・サラ金 トラブル解決マニュアル―紛争実例&解決法・相談先
クレジット・サラ金 トラブル解決マニュアル―紛争実例&解決法・相談先
志澤 徹 自由国民社
価格:¥ 1,365
【内容(「BOOK」より)】
カードの特徴は、現金を持たずに買い物ができたり、金がないときにキャッシングにより容易に現金を手にすることができるという便利さにあります。しかし、この便利さは、一方では多くの危険をはらんでいます。その第一は、債務超過により支払不能の状態になる可能性があるということです。その第二は、クレジットや消費者金融の業者による取立のトラブルが相変わらず多いということです。さらに、カード犯罪も多発しています。勝手にカードが自分名義で作られたり、盗難や紛失にあったカードが勝手に使われたりと、いつこうしたトラブルに巻き込まれないともかぎりません。本書は、こうしたクレジット・サラ金などの消費者金融の利用で起きる問題を網羅し、その問題点と解決法を解説しました。
ウラ金融 (徳間文庫)
ウラ金融 (徳間文庫)
青木 雄二 徳間書店
価格:¥ 560
【内容(「BOOK」より)】
銀行や消費者金融なんか甘っちょろい。ハマったら最後、地獄まで堕とされる裏金融の実態を、実話をもとに、余すことなく解剖する。取り立ての恐ろしさから、借金漬けにされていくテクニック、だまされないための心構えまで、これを読めば一目瞭然。「ナニワ金融道」でも、危なすぎて触れられなかった、闇金融業者の法律をかいくぐる手口をさらけだす。平成不況に負けないための、サラリーマン必読書である。