山口県では、110件の消費者金融さんの情報があります。

【最終更新日:2022-10-03】

more

こちらは山口県の金融会社さんの一覧になります。
山口やカードローン、総量規制のほか消費者金融などの主キーからネットでヒットした消費者金融情報を元に独自調査した山口県の2022年度版消費者金融リストデーターになります。
情報は適宜更新しております。
有益で信頼できる情報を発信し続け、利用者の皆様のお役にたてればと思っております。
怖い取り立てや高金利な貸付などをするいわゆるヤミ金や悪質な組織の罠にはまらず、善良な借入先をお探しください。

山口の金融屋さんの情報不備や消費者金融の口コミや評判がありましたら、お問い合わせよりご連絡いただきますよう、宜しくお願い致します。

下関市
日本ファイナンス(有) 下関店の連絡先など

日本ファイナンス(有) 下関店

当社は個人のお客さまを対象にローンを提供しております。金利は15.0%~20.0%(実質年率)、ご融資額は1万円から最大で300万円まで。お申込の際は当社HPの申込フォーム、またはお申込専用フリーコールへお願いします。

続きを読む

宇部市
日本ファイナンス(有) 宇部店の連絡先など

日本ファイナンス(有) 宇部店

当社は個人のお客さまを対象にローンを提供しております。金利は15.0%~20.0%(実質年率)、ご融資額は1万円から最大で300万円まで。お申込の際は当社HPの申込フォーム、またはお申込専用フリーコールへお願いします。

続きを読む

周南市
日本ファイナンス(有) 周南店の口コミなど

日本ファイナンス(有) 周南店

当社は個人のお客さまを対象にローンを提供しております。金利は15.0%~20.0%(実質年率)、ご融資額は1万円から最大で300万円まで。お申込の際は当社HPの申込フォーム、またはお申込専用フリーコールへお願いします。

続きを読む

下関市
(株)日本プラム下関支店の評判など

(株)日本プラム下関支店

ショッピングローン・クレジット契約の株式会社日本プラムクレジット・ショッピングローン・信販の新規契約/新規加盟店募集。加盟店様に代金を立替払い売上アップに貢献します。本社/京都市下京区。京都,クレジット,ショッピング,ローン,クレジット,信販,契約,加盟店,個別信用購入あっせん,立替払い,自社割賦,分割払い,エス[…]

続きを読む

過払い金を取り戻せ!!~キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術 実録ドキュメント付き~ (SHUEISHA PB SERIES)

PR:おすすめ書籍

過払い金を取り戻せ!!~キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術 実録ドキュメント付き~ (SHUEISHA PB SERIES)

明石 昇二郎 集英社
価格:¥ 1,000
【内容紹介より)】
返しすぎた借金の取り戻し方、教えます!グレーゾーン金利撤廃で、カード会社や消費者金融に返済し過ぎた金を取り戻せることに。それを知った著者自らがこの「貧者の埋蔵金」=「過払い金」600万円を取り返した実録ドキュメント!

武富士 サラ金帝国の闇

PR:おすすめ書籍

武富士 サラ金帝国の闇

一ノ宮 美成 講談社
価格:¥ 1,680
【商品説明より)】
武富士サラ金帝国の闇 消費者金融業界最大手として拡大を続けていた武富士が、盗聴事件によって武井保雄前会長をはじめとする逮捕者を出してから1年が経つ。経営陣の刷新を図り、再建に向けて動き出した同社は本当に変わることができるのか――。暴力団など裏社会の取材に定評のある著者が、改めて“武富士スキャンダル”の全容を明らかにしようと試みたノンフィクションだ。 武富士帝国の独裁者と言われた武井前会長とは、いかなる人物だったのか。元社員らは、「北朝鮮といっしょの絶対的な君主制度」「会長の命令は絶対。軍隊と宗教団体、それもカルト教団を足して二で割ったような会社だった」と回顧する。ナンバー2という存在を嫌い、いかに目をかけて育てても必ず最後には粛清したという。こうした独裁体制が長年維持されてきた背景には、人を人とも思わぬむちゃくちゃな貸し付け(過剰融資など)と、容赦ない取り立ての実態があった。また、巨万の富に群がる政治家、官僚、右翼、暴力団、さらには警察関係者やマスコミの存在も見え隠れしているとし、実名を挙げて同社との関係を追及していく。執拗な接待や交渉、裏工作などによって、本来は同社に批判的だったマスコミ人や弁護士が懐柔されていく過程が赤裸々に描かれている。

ルポ 生活再建

PR:おすすめ書籍

ルポ 生活再建

横幕 智裕 東洋経済新報社
価格:¥ 1,680
【内容紹介より)】
50万円を金利18%で借りたとき、毎月5000円ずつ返金して、何年で完済できるか、わかりますか? 日本全国で消費者金融の利用者は約1400万人にも上るという。日本国民の8.5人に1人は、消費者金融からお金を借りていることになる。 また、その利用者の中で、5件以上の債務を抱える人は、約125万人。5件以上の債務を抱えるということは、多重債務者と推測できる。複数の金融会社から借金をして、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける多重債務者が125万人もいるのだ。 これほど日本には借金を抱えている人たちがいる。もしかしたら、あなたの家族や大切な友人が、誰にも言えず、借金に苦しんでいるのかもしれない。 そしてもう1つ、際立った数字がある。この10年間、毎年3万人以上が自殺しているのだ。原因を見てみると、「経済・生活問題」は約3割にも上る。原因を特定できない人も多いので、この割合はもう少し増える可能性が高い。 豊かだと思われている日本で、生活苦や経済的理由から多くの人が自ら命を絶つ現実。普通に仕事をしている人が多重債務に陥る現実。この現実をどう受け止めるべきか。 『家計の金融行動に関する世論調査』によると、「貯蓄を保有していない」と答えた割合は2割を超えている。高齢化などを背景に貯蓄を取り崩す世帯も増え、低所得を理由に貯蓄のできない世帯も増えている。このような世帯の働き手が、突然の事故や病気で働けなくなったら、生活はすぐに立ち行かなくなってしまうだろう。貯蓄のない生活をしている人は、いつ、どんなきっかけで多重債務に陥るかわからない。 取材で出会った人たちは、ほとんどが病気やリストラ、離婚、DV、社会保障費の削減など、誰の身の上にも起こりうることが原因で多重債務者へと陥っていった。本当に特別な話ではない。いま借金問題に苦しんでいるのは、けっして特別な人ではないのだ。

借りすぎに注意して上手にキャッシング!

金融会社のおすすめ情報 消費者金融で融資を断られたり、ローン審査が通らなかったりしてブラックリストなのかな?と思う人は意外に沢山いるようです。
またはブラックではないはずなのに、なぜか大手の金融会社ではどこも借りれないという人もいますよね。

一般的に自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などの債務整理(さいむせいり)をするとブラックと呼ばれてしまいます。
(ブラックリストというのは通称で、消費者金融業界の中に実在し[…]

続きを読む